logo

トピックス

2022.02.07

島体験日記#156 「アイビスペイント」

2回目の投稿になります、島体験生の柚木健汰(ゆのきけんた)といいます。
地産地商課に所属し、しゃん山に勤務しています。
奥の加工場で島の干し芋「かんぺ」の作業をしていることが多いので店頭にいる時間は少ないですが、3月までよろしくお願いいたします!

 

 

無限に口に吸い込まれます。是非。

島にきて3週間がたちましたが、この期間の中でもいろいろな人と出会い、関わらせてもらうことが出来ました。
その中で、ほかのひとにとってはたわいもないことかもしれないけれど
自分にとってはおもしろいな、素敵やなと思ったことをいくつか書いてみたいと思います。

 

 

○お絵描きアプリ「ibis Paint(アイビスペイント)」

同期の島体験生に教えてもらいました。
こういう作業がスマホの中で、無料でできるってすごいです。
これは彼女が自作した島の地図のイラストだそうです、僕は感動しました。

 

 

感動するの僕だけですか

インストールしたけど使い方がよくわからんからまた教えてね。

 

何かに活きるからとかの理由なくこういうものをつくろうとする遊び心を持っていること自体が、僕にとっては素敵でうらやましいです。
上から言うなという感じやけど、ほんまに強みになるところやと思います。直接伝えてもまともに取り合ってもらえないので、この場を借りてつたえておきます。

 

○クロネコヤマトのお姉さん

荷物送ろうと事業所に伺ったときに、「このサイズなら郵便局の方が安く送れるよ」。
わざわざ言わなくても問題なく事は運ぶし、僕なら別に言わんでもええか、と思ってしまいそうです。
こういう大人のひとになりたいなと思います。

 

 

感動の余り余分に購入した

 

宅急便コンパクトのやつ

結局ヤマトで送りました。嬉しかったです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

来島するまでの僕は島体験という制度に対して、特に仕事面に期待していたのだと最近気づきました。

 

でも、同期の島体験生をはじめ、出身地・年齢・バックグラウンドなどが大きく違うひととの関わりも、島体験の一つの価値としてあるなと改めて感じています。

 

当たり前のことを述べたところで次にバトンを渡します。

 

最後まで見ていただいてうれしいです。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

この記事をシェア!

一覧へ戻る

最新記事