logo

トピックス

2021.11.19

島体験日記#121 「どうも」

どうも、島体験生(23)です。

 

今回は忙しい日々の中で、写真を撮る余白を作れなかったため、今とこれからの島体験・島留学生に向けて、こんなやついるんだーってわかるように自己紹介を書こうと思います。

 

現在、私は海士町役場・交流促進課に所属し、AMAホールディングスのメンバーとふるさと納税の仕事をしています。

 

将来やりたいことの一つとして、地方創生にビジネスの文脈で関わりたいと思い始めた2年前、そこから着々とその解像度や繋がりを作るべく動いていくも、なかなか自分の中にこれだ!と思う回答は得られませんでした。

 

そこでふるさと納税の仕事に携わることで、外貨を得て、それをどのように島内に還元していくのかを探りたいと思い、今の仕事を選びました。

 

 

今は100以上の新規返礼品を世の中にリリースしましたが、この『生のいわがき春香』は、初めて登録した返礼品で、当時は嬉しくて「みてみてー!」と帰ってシェアメイトに話しました。

________________________

 

そしてもう一つ、私は離島マニアの旅人でした。

 

毎年夏になると2週間ほど離島に滞在し、島の人たちと生活しながら、将来の拠点を探していました。

 

しかしコロナで閉鎖的な離島への旅は難しくなり、今回は短期移住という形で、念願の隠岐諸島・海士町へやってきました。

 

旅人として過ごす / 準住民として暮らす

 

この2つは全くの別物で、今回のお試し離島暮らしは、自分が送りたい多拠点ライフの解像度をグッと上げてくれました。

 

本土に帰るまであと1ヶ月とちょっと。

 

最近は島留学生のお友達もできて嬉しい。

 

これからの人生のtipsを、仕事・暮らしの両方で得られるよう、残りの時間を過ごしていきたいと思います。

 

________________________

 

サムネイルのススキのように、まだまだぼけーっとしたものを、このトンビのシルエットのように、少しずつくっきりと。

 

 

 

 

 

 

 

この記事をシェア!

一覧へ戻る

最新記事