logo

トピックス

2021.06.08

大人の島留学日記#107 「愛をこめてアスパラを」

こんにちは。妹尾蓮太郎です。よろしくお願いします。

 

今回は妹尾の日記第3弾。

 

今回は ♪涙の数だけ強くなれるよ~っていう話をします。

 

時は進んでもう6月です。

 

僕はここ2ヶ月で2回ほど涙を流してしまいました。

 

この間、大好きすぎる芸人さんの最後のライブがありました。海士町からオンライン生配信を見ました。

 

めっちゃ笑いました。そして最後は感動して泣きそうでした。

 

あそこで泣くとあいつお笑いライブ見て泣いてるやんってなるので、一緒に見た誰にもバレないようにパーカーの袖で目の潤いを拭いました。

 

翌日1人でもう1回見ました。試合に負けた高校球児くらい泣きました。壊れた蛇口くらい泣きました。次の日の朝、目が腫れました。

 

それが1回。

 

もう1回は、アスパラが食べられなくてちょっぴり泣きました。

 

僕たちは、今地域の大変お世話になっている方に畑をお借りしています。4月からシェアハウスに入り、なんと入居2日目にして畑を2畝いただくという最速記録を叩き出しました。

 

そこに意気揚々とアスパラを植えました。アスパラは味がおいしいうえにシュッとしててスタイリッシュさも兼ね備えるハンサム野菜です。

 

しかし後日、衝撃の事実が発覚。。。。

 

今年はアスパラを収穫できない。

 

職場でアスパラを収穫して食べるまでには3年かかると伺いました。僕は種を植えるとき、このアスパラはベーコンで優しく巻いて食べようと決めました。

 

時すでに遅し。その時から僕はアスパラベーコンの口になっていました。

 

いや、今年食べれんやん!突き付けられた現実に家に帰ってからちょっぴり泣きました。

 

一度口がアスパラベーコンになったらもう後戻りはできません。

 

2ヶ月たった今でもアスパラベーコンが頭から離れません。

 

順調に育てば3年後には収穫できます。そして、アスパラはこの先10年間も収穫できるらしいんです。

 

そこで、皆様に図々しいお願いがあります。

 

どなたか僕たちのアスパラを受け継いでくれる方はいらっしゃいませんか。

 

僕はこの畑で育ったアスパラをベーコンで優しく巻きたい。その一心です。

 

予約3年待ちのアスパラベーコン。お力添えをいただけないでしょうか。

 

以上ここまでが自分の泣いた話で涙を誘い、情に訴えてお願いごとするという技 通称「ハートフル~2021」です。

 

冗談です。それでも本気のお願いです。

 

2年ぶり14回目の「一生のお願い!!」をここで使わせてもらいます。

 

ご連絡を心待ちにしております。

 

愛をこめてアスパラを。大袈裟だけど受け取ってください。

 

この記事をシェア!

一覧へ戻る

最新記事