logo

トピックス

2022.02.02

大人の島留学日記#261 「あとに続くもの」

こんにちは。今年に入ってから1か月が経ちました。あっという間に1か月が過ぎますね。大人の島留学も3月末で一区切り。島から旅立つ日が近づいてきました。

 

卒業するときや、環境が変わるときの1月~3月は一段とスピードが速く感じます。なんだか誰かから「やり残したことを少しだけ置いて、また来るんだよ~」と言ってくれているような気分です。残り2か月。駆け巡るよりも、いつもの日常を大切にしようと思います。

 

 

この曲を聴くと、あの頃を思い出すなぁ」という経験は誰もがしたことがあると思うのですが、島の1曲は何かなと考えてみると、朝ドラでかかっている「アルデバラン」でした。

 

食堂のテレビで流れている朝ドラ。アルデバランが聞こえると休憩が終わる合図。たわいもない話をしているだけなのに、アルデバランが流れると、たわいもない話がドラマのセリフに聞こえてきます。感動系の音楽。生で聞いてみたいです。

 


 

1年間の大人の島留学の目標である、「記事を100本書くこと」。10月ごろに50本を書き終え、10か月が経った1月までで85本の記事を書く終えることができました。ラストスパートといったところです。人生で初めて目標のゴールが見えました。引き続き、気を引き締めて頑張ります。

 

最近では「わたし、島で働く。」連載企画を書いています。島体験生の3か月間の葛藤や学びがわかる記事になっていると思うのでぜひ読んでみてください!

 

 

 

 

この記事をシェア!

一覧へ戻る

最新記事