logo

トピックス

2022.01.17

大人の島留学日記#251 「もしもの世界と焼きおにぎり」

こんにちは。妹尾です。

 

皆さま明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

早くも2022年令和4年が始まりました。まだ何かに日付を書くとき、「2021年」と書き間違えます。慣れは怖いです。

 

しかし、そのおかげで2021年の「1」を修正テープを使わずにうまく「2」に書き直す技術を身につけました。皮肉なことに間違えれば間違えるほど、修正力が上がりました。

 

今ではどんな「1」でも「2」に書き直せる自信があります。

 

では本題に入ります。
今回のnoteのテーマは、「お米」です。ここ最近の僕の島留学日記は、ほとんどお米のことを書いとるような気がします。

 

新年1発目の自分の島留学日記なのに今年の目標とかお正月のこととか、大晦日のこととか他に書くこともっとあるのではないか、そう思いました。

 

しかし、ごめんなさい。「お米」への情熱の方が勝りました。今回ばかりはお許しください。

 

去年から「あのお米がなぁとか、なぁ今日のお米どう?」とかよく言うようになりました。いつもそんな話でも聞いてくれとる方々、ありがとうございます。
去年から海士町のお米も実家の徳島のお米も、東北のお米など色々なお米をいただきました。

 

もう、どれもうまい。これに尽きます。

 

海士町に来てからですかね。自分でお米を育てたいと思うようになりました。そう思うきっかけは色々ありますが、とりあえず自分でお米を育てたいです。

 

そこでまずは、知ることから始めようと思い、少しずつお米の勉強を始めました。日本は、お米の種類がめっちゃ多いこと、それぞれにおいしさの特徴があること、同じ「こしひかり」という品種でも育てる場所が違うと味も違ってくること。人それぞれ、味とか粘り気とか硬さとか普段の生活では意識してなくても好みが分かれること。お米づくりは、びびるほど時間がかかって大変な仕事であること。

 

それでも自分でお米を育ててみたいなと思います。

 

現実的には、今後のこともあるので今すぐどうこうできる話ではないのかもしませんが、時間がかかってもいいのでお米づくりをするつもりです。

 

先日、偶然シェアハウスで「もしも自分でお店を開くなら何にする?」という会話になりました。
いつになっても「もしも」の話が1番盛り上がります。

 

その時は、僕は野菜の天ぷら専門店に決めましたが、あれから密かに別案を考えてました。焼きおにぎり専門店です。

 

バーベキューで網の端の方で焼いた焼きおにぎりをいつでも食べられるのは個人的にはアツいと思いました。どうでしょうか。

 

2022年、昨年に引き続き今年もこのような会話が繰り広げられています。ありがたいです。色々な方のおかげです。ありがとうございます。

 

かっこいいキャベツの写真で今回のところは失礼します。今年もよろしくお願いします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

この記事をシェア!

一覧へ戻る

最新記事