logo

トピックス

2021.10.27

大人の島留学日記#199 「私のお仕事」

最近仕事でうれしいことがあった村松いろはです。今日はそんな私のプロジェクトの一つをご紹介します!

 

今、私はJICA(独立行政法人国際協力機構: Japan International Cooperation Agency)の業務をメインに行わせてもらっています。

 

上司の方に

 

AからZまで行う仕事

 

をやってみないか?と言われ、8月から※100万人のクラシックライブとの他の町村と連携したお仕事をマイプロジェクトとして行わせてもらいました。

 

※100万人のクラシックライブとは年間100万人の方と感動を共有することを目的に、全国各地で活動をしていらっしゃる団体です。

 

今回は3泊4日でピアニストとヴァイオリニスト100万人のクラシックライブ代表理事の蓑田さんをお呼びして

 

隠岐4島を繋ぎ行うクラシックライブ

 

を成功させるプロジェクトを任されました。

 

 

さて、まず行ったのは

 

〇逆算されたto do リストを組むこと。
いつまでに何を決めて、誰に何を連絡するのが良いのかなど。

 

〇そして4日間のスケジュールを組むこと。
どんなふうに、いつ演奏を行うのが良いかなど。

 

〇それから、西ノ島町、隠岐の島町、海士町の隠岐神社、100クラ(省略します)、その他施設や音響担当など各関係者様達。

 

 

毎日メールと電話のやり取りを繰り返し、何か1つ物事が決まったり変更したら4、5か所に連絡をする。そんな日々でした。

 

 

途中で知夫村での演奏が見送りになったり、海士のバンドとのコラボが無くなり、新たにオペラ歌手とのコラボを行うことや、隠岐神社での大祭日が丸々変わるなど本当に予定がコロコロ変わり、当日も天候やピアノについてハプニングはありました。

 

そして初めはメールの一つさえもまともに書けなかった(本当に真っ赤に直されていました。)私。

 

ですが、多くの関係者の方のご協力のおかげで、何とか何とか無事演奏会は終わりました。

 

 

①隠岐の島町役場での演奏
 

 

 

②海士町のアママーレでの演奏
 

 

 

③海士町隠岐神社での後鳥羽院遷幸八百年記念事業に際しての演奏
 

 

 

④西ノ島町の図書館 “いかあ屋” での演奏
 

 

 

⑤隠岐の島町のスーパーマーケット “サンテラス” での演奏
 

 

飛行機の手配からお店の予約や細かい調整などもほぼ一人で任され、

 

こんなにもいろんな人が関わってイベントは進行されていくのかと業務を行いながら日々驚いていました。

 

 

濃い4日間が終わった後に、

 

 
いろはちゃんに頼りっぱなしで、凄いなあ、凄いなあ、って感心しっぱなしだったよ。ありがとう。
 

 

と演奏家の方に連絡をいただき、様々な関係者の方からも感謝のお言葉をいただきました。

 

代表理事の方も次は私を本土でご招待してくれるとおっしゃていただき、、、、それにはうれしくて戸惑う21歳。

 

 

本当にこの2カ月頑張ってきてかった。。

 

 

いまはZ の部分。出張報告書やら県に提出しなければいけない報告書などを作成しています。

 

チェックはしっかりと、でも小さなことでもほめてくれるやさしい上司が国際色豊かなプロジェクトを他にも2つ任せてくれているので、まだまだ未熟ものですがもっと頑張っていきます!!!

 

 

 

 

 

 

 

この記事をシェア!

一覧へ戻る

最新記事