logo

トピックス

2021.09.15

大人の島留学#172 「こじょうゆ味噌」

どうもどうも

 

井上です。

 

今回はこじょうゆ味噌について書きます。

 

海士町では、古くから家庭でこじょうゆ味噌なるものが作られています。

 

なんじゃそりゃ。

 

簡単に言うと、ひしお。醤油の起源みたいなやつです。

 

他の地域で言うところの、もろみ味噌

 

 

親戚みたいな。

 

醤油と味噌

 

 

あいのこみたいな。

 

そんなものが海士町では、こじょうゆ味噌という名前で親しまれています。

 

自分たちがお世話になっている海士物産では、

 

その、こじょうゆ味噌を

 

糀(こうじ)から手作りしています。

 

主な原材料は、大豆、小麦。

もちろん海士町産。

発酵パワーと、
手間暇かけて、
海士のおばあちゃんの知恵も借りて、

 

作っています。

こじょうゆ糀は、こんな感じ

 

 

大豆と麦の表面に見えるのが菌。
発酵パワーです。

菌が繁殖して、

こじょうゆ糀が作られます。

 

菌の力でほかほかになります。

 

あったか〜い です。

 

これにもろもろ調味料を加えて、

 

毎日混ぜます。

毎日混ぜます。

 

毎日混ぜます。

 

2ヶ月くらい。

 

そしたらできます。

 

こじょうゆ味噌。

 

味も、歴史も、材料も、作っている人も、
ぜんぶ、全部、

 

ザ・海士って感じです。

 

でも、残念ながら、
隠岐で親しまれてきたけれど、
それ以外の地域ではほとんど知られていません。


読んでくれている方も、
初耳の方が多いのではないでしょうか。

作るだけじゃなくて、
もっとたくさんの人に届けられるように、

 

こじょうゆ味噌の伝え方、魅せ方を、考えています。

 

完成したら、日記でお知らせします。

 

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

この記事をシェア!

一覧へ戻る

最新記事