logo

トピックス

2021.06.28

大人の島留学日記#120 「ただの毎日」

お久しぶりです!山名です。海士町に来てから3カ月が経とうとしている今日この頃。飽きない。飽き性代表、新しいもの大好きな私が、同じ場所に3か月、しかもこんなに小さい島の中で、遊びに行くところは大体いつも同じなのに、飽きることなく3か月を過ごしました。東京では、とにかく毎日予定を2,3個入れてないと気が済まなかった私の現在のスケジュール表は真っ白。大きなイベントも遊びもない生活なのに、楽しい。なんでか楽しい。全部が目新しくて、すべてが初心者だった来島直後よりは確かに新鮮さを感じることはなくなりましたが、そんなことはもうどうだっていい。というくらい今もまだ、海士町を楽しんでいます。(まだまだ初心者ではありますが。)

 

同じ場所でもその日の天気、時間、季節。いろんな要素が絡まって違う空間が生み出される環境。飽きない。よく港や灯台に遊びに行きますが、行ってみないと今日はどんな風景が広がっているのか分からないような、おみくじのようなわくわく感。きっとこれからも飽きることがないんだろうなと感じます。

 

 

特に夕方、商店でカップラーメンを買って、麺が出来るまで車で漁港に向かうときのわくわく感。これはたまらなく好きです。商店で何気ない会話をするところから、言語化しがたい、忘れたくないくらい好きで楽しくてしょうがない時間です。
 

あと、最近はやっと平日の夕方以降を有効に使えるようになりました。仕事終わりにキュウリの支柱をつくるほど豊かな生活はないと思っています。(ちょっと大げさだったかな。)
 

 

 

今度の仕事終わりはルームメイトとガスコンロと材料をもって海の近くで季節外れの鍋パーティーしたいなあ、というかします!

今日も皆さん読んでくれて、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

この記事をシェア!

一覧へ戻る

最新記事