海士町種苗センター

岩がき産業を支える縁の下の力持ち

海士町種苗センターは、海士町単独の種苗生産施設として整備されました。外貨獲得と雇用の創出を目指す岩がき生産を支えています。独自の採苗盤を使った種苗生産や、新たなシングルシード種苗生産・養殖手法などに取り組み、岩ガキの稚貝を育てています。

一緒に取り組みたいこと

comingsoon!

メッセージ

種苗生産は4月~12月の間で、1生産40日間を4~5回行っています。

作業内容は、餌やり・水替え・水槽替え・幼生の観察・測定・餌作り・消毒・清掃などその日の幼生の状態によって変わってきます。

生き物が好きな方、育てる技術に興味のある方、海が好きな方、ぜひ一緒に働きませんか。午前中は種苗センターで働き、午後は自分のやりたいことや行きたいところに行って色々な島体験をしたい方お待ちしています。

岩がき産業を支える縁の下の力持ち

海士町種苗センターは、海士町単独の種苗生産施設として整備されました。外貨獲得と雇用の創出を目指す岩がき生産を支えています。独自の採苗盤を使った種苗生産や、新たなシングルシード種苗生産・養殖手法などに取り組み、岩ガキの稚貝を育てています。

一緒に取り組みたいこと

comingsoon!

メッセージ

種苗生産は4月~12月の間で、1生産40日間を4~5回行っています。

作業内容は、餌やり・水替え・水槽替え・幼生の観察・測定・餌作り・消毒・清掃などその日の幼生の状態によって変わってきます。

生き物が好きな方、育てる技術に興味のある方、海が好きな方、ぜひ一緒に働きませんか。午前中は種苗センターで働き、午後は自分のやりたいことや行きたいところに行って色々な島体験をしたい方お待ちしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次