隠岐國商工会

島内の民間事業所をサポートし、地域経済に貢献する

商工会とは地域の事業者が会員となり、ビジネスやまちづくりのために活動を行う経済団体です。隠岐国商工会では海士町・知夫で活動をしている民間事業所の経営相談や起業支援などの役割を担っています。

離島で事業を経営することは、本土で事業を行うこととは違った繊細さや難しさを伴う場合があります。しかし、隠岐島前地域には税理士、会計士が在住していません。事業主さんは多様な支援が受けづらい環境にあります。

そのため隠岐島前地域での商工会はより密接に事業主さんと関わり、事業主さんと一緒にこの地域での経営や事業のあり方を考え、サポートすることで地域経済の発展に寄与しています。

その他にも、隠岐国商工会では地域の活性や賑わいづくりの一環として、「キンニャモニャ祭り」という海士町の祭りを主催するなど、様々な形で地域活性と地域経済の発展に貢献しています。

地域の人々の暮らしは、どのような人たちに、どのように支えられているのか、「商工業」の立場から学び、考えることができる場所です。

一緒に取り組みたいこと

インキュベーションルーム運営

海士町で事業をしている人や、これから創業しようとしている人たちのワーキング&コミュニティスペースとなるような空間を創り、運営するプロジェクトです。

インキュベーションとは「孵化する」という意味をもちます。この場所を利用する人々のコミュニケーションから新たな事業やプロジェクトのアイデアが生まれ、それを育むように商工会から適切なサポートを受けられるようなスペースとしての運営を目指しています。

現在は、主に会議や作業スペースとして使われている「第二会議室」を、経済的に持続可能な方法でインキュベーションルームとして運営していただきます。たくさんの方に利用していただいて、海士町の地域経済の発展に寄与することがミッションです。

将来的には、地域の若い人や離島の暮らしに興味のある人が、もっと「島で働く」ことや「島で創業すること」へのイメージが湧くような「若者と事業者の交流イベント」などを企画できたらという構想もあります。

商工業マップの作成

隠岐島前地域の中には、観光業だけでなく製造業・建築業・インフラ・サービス等たくさんの事業所がありますが、それらの情報がまとめられて一般向けに公開されているものが今はありません。

島で働きたい人や創業したい人が島内のどこに、どのような事業所があるのか、また、どの地域でどのような産業が活発なのかをより手軽に知ることができるように、情報をまとめてツールとしての商工業マップを作成していくプロジェクトです。

実際に事業所を訪れ、正確な所在地の位置情報を確認した上でマップを作成していき、将来的には、AMASASという海士町版の地域経済分析システムのハザードマップにも、ここで収集した事業所情報を反映するという構想もあります。

メッセージ

離島で事業を創業・経営することは本土とはまた違う繊細な課題や問題を伴う場合があります。商工会で大人の島留学生・体験生として、民間の事業者の方と関わらせていただくことは刺激的な学びも多いですが、それ以上に適切なコミュニケーションや行動、配慮等多くを求められます。

海士町と知夫村の経済の発展のために何ができるのか、隠岐島前地域で事業を行うということはどういうことなのか。本質的に捉えて、考えたことを行動に移すことができる方と、プロジェクトを考え取り組むことができたら思います。

島内の民間事業所をサポートし、地域経済に貢献する

商工会とは地域の事業者が会員となり、ビジネスやまちづくりのために活動を行う経済団体です。隠岐国商工会では海士町・知夫で活動をしている民間事業所の経営相談や起業支援などの役割を担っています。

離島で事業を経営することは、本土で事業を行うこととは違った繊細さや難しさを伴う場合があります。しかし、隠岐島前地域には税理士、会計士が在住していません。事業主さんは多様な支援が受けづらい環境にあります。

そのため隠岐島前地域での商工会はより密接に事業主さんと関わり、事業主さんと一緒にこの地域での経営や事業のあり方を考え、サポートすることで地域経済の発展に寄与しています。

その他にも、隠岐国商工会では地域の活性や賑わいづくりの一環として、「キンニャモニャ祭り」という海士町の祭りを主催するなど、様々な形で地域活性と地域経済の発展に貢献しています。

地域の人々の暮らしは、どのような人たちに、どのように支えられているのか、「商工業」の立場から学び、考えることができる場所です。

一緒に取り組みたいこと

インキュベーションルーム運営

海士町で事業をしている人や、これから創業しようとしている人たちのワーキング&コミュニティスペースとなるような空間を創り、運営するプロジェクトです。

インキュベーションとは「孵化する」という意味をもちます。この場所を利用する人々のコミュニケーションから新たな事業やプロジェクトのアイデアが生まれ、それを育むように商工会から適切なサポートを受けられるようなスペースとしての運営を目指しています。

現在は、主に会議や作業スペースとして使われている「第二会議室」を、経済的に持続可能な方法でインキュベーションルームとして運営していただきます。たくさんの方に利用していただいて、海士町の地域経済の発展に寄与することがミッションです。

将来的には、地域の若い人や離島の暮らしに興味のある人が、もっと「島で働く」ことや「島で創業すること」へのイメージが湧くような「若者と事業者の交流イベント」などを企画できたらという構想もあります。

商工業マップの作成

隠岐島前地域の中には、観光業だけでなく製造業・建築業・インフラ・サービス等たくさんの事業所がありますが、それらの情報がまとめられて一般向けに公開されているものが今はありません。

島で働きたい人や創業したい人が島内のどこに、どのような事業所があるのか、また、どの地域でどのような産業が活発なのかをより手軽に知ることができるように、情報をまとめてツールとしての商工業マップを作成していくプロジェクトです。

実際に事業所を訪れ、正確な所在地の位置情報を確認した上でマップを作成していき、将来的には、AMASASという海士町版の地域経済分析システムのハザードマップにも、ここで収集した事業所情報を反映するという構想もあります。

メッセージ

離島で事業を創業・経営することは本土とはまた違う繊細な課題や問題を伴う場合があります。商工会で大人の島留学生・体験生として、民間の事業者の方と関わらせていただくことは刺激的な学びも多いですが、それ以上に適切なコミュニケーションや行動、配慮等多くを求められます。

海士町と知夫村の経済の発展のために何ができるのか、隠岐島前地域で事業を行うということはどういうことなのか。本質的に捉えて、考えたことを行動に移すことができる方と、プロジェクトを考え取り組むことができたら思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次