海士町役場 環境整備課

住民さん目線で、豊かな町と暮らしを守る・創る!

環境整備課では、インフラ・資源循環・水産に関する事業を通して、島の暮らしを支えること、より豊かになるような仕組みづくりに取り組んでいます。

一緒に取り組みたいこと

資源循環推進プロジェクト

地域資源や自然資本を活用し、持続可能で自立した地域づくりを進めていくプロジェクトです。持続可能な地域づくりの方法を模索していただきたいです。

例えば、以前から取り組んでいる、山に放置されている間伐材や廃材などを薪として利用して、地域資源を再生可能エネルギーとして活用すること。過去の島体験生が提案した、海士町独自のリユースシステムを構築することなどです。

森の循環を促進させ豊かな自然を維持したり、島内のゴミにしないものの循環を目指し、誰かの「欲しい」と「要らない」をつないだ活動をしたり、様々な方法を用いて取り組んでいただきたいです。

住まいづくりプロジェクト

現在、海士町の町営住宅数は300戸を超えています(西ノ島町は200戸強、知夫村は100戸弱)が、まだまだ住宅が足りず移住希望者の数に追いついていません。そこで、住宅の建設に関することに加え、住宅の管理や入退去手続きなどのサポートをしていただきます。

また、過去の島留学生が入退去手続きのマニュアル作成に取り組んだように、住まいづくりに関する取り組みをしていただきたいと思っています。

メッセージ

環境整備課は業務範囲が幅広く、町や暮らしの基盤を支える仕事とそこに携わる人を間近でじっくりと見て学べる職場です。

また、既にやりたいことがある人もそうでない人も、自分の動き方次第で役に立てることをたくさん探せると思いますし、職場の方は皆さん優しく相談に乗っていただいたりアドバイスをいただけるので、積極的にコミュニケーションを取り関係性を構築することで、島での経験をより充実したものにできると思います。

住民さん目線で、豊かな町と暮らしを守る・創る!

環境整備課では、インフラ・資源循環・水産に関する事業を通して、島の暮らしを支えること、より豊かになるような仕組みづくりに取り組んでいます。

一緒に取り組みたいこと

資源循環推進プロジェクト

地域資源や自然資本を活用し、持続可能で自立した地域づくりを進めていくプロジェクトです。持続可能な地域づくりの方法を模索していただきたいです。

例えば、以前から取り組んでいる、山に放置されている間伐材や廃材などを薪として利用して、地域資源を再生可能エネルギーとして活用すること。過去の島体験生が提案した、海士町独自のリユースシステムを構築することなどです。

森の循環を促進させ豊かな自然を維持したり、島内のゴミにしないものの循環を目指し、誰かの「欲しい」と「要らない」をつないだ活動をしたり、様々な方法を用いて取り組んでいただきたいです。

住まいづくりプロジェクト

現在、海士町の町営住宅数は300戸を超えています(西ノ島町は200戸強、知夫村は100戸弱)が、まだまだ住宅が足りず移住希望者の数に追いついていません。そこで、住宅の建設に関することに加え、住宅の管理や入退去手続きなどのサポートをしていただきます。

また、過去の島留学生が入退去手続きのマニュアル作成に取り組んだように、住まいづくりに関する取り組みをしていただきたいと思っています。

メッセージ

環境整備課は業務範囲が幅広く、町や暮らしの基盤を支える仕事とそこに携わる人を間近でじっくりと見て学べる職場です。

また、既にやりたいことがある人もそうでない人も、自分の動き方次第で役に立てることをたくさん探せると思いますし、職場の方は皆さん優しく相談に乗っていただいたりアドバイスをいただけるので、積極的にコミュニケーションを取り関係性を構築することで、島での経験をより充実したものにできると思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次